DSCN0203.JPG小沢川に架かる伊那橋南側に建つ。向かい〈西側〉には種田山頭火の句碑が向き合って建てられている。

DSCN0204.JPG井月のいた時代は、天竜川に帆舟が行き交っていたのです。)

DSCN0194.JPGあの水この水の天竜となる水音(実際この小沢川は、この場所からほんの数十m先で天竜川に合流している。)